企業理念・沿革

ヘルシーで美味しいパンを創り、お客様へ感動を届けたい。

その想いから私たちは安心安全で体に良いものをフレッシュな状態で届けるために常にチャレンジを行い、新たな商品を創造し追い求めています。
お客様に対して誠実であること、商品に対して誠実であること、仲間達に対して誠実であること、たくさんの誠実な想いを大切にしながらこれからも「ヘルシー」と 「美味しさ」にこだわったパン創りを続けていきます。

経営理念

  • 一、革新を魂として率先して実行する会社
  • 一、発展・成長しながら、スピードと実行力を持って問題解決できる会社
  • 一、強い倫理観を持ち一人ひとりの個性や考えを尊重する会社

企業理念

  • 一、ヘルシーでおいしいパンを創り、お客様へ感動を届ける会社
  • 一、安心・安全・健康・美味しさを限りなく追求し、創造する会社
  • 一、誠実と信用、信頼を大切にする会社

社長ご挨拶

フランソアは誕生して以来、「他にないヘルシーで美味しいパンをつくりたい」と言う想いから多様な商品を生み出してきました。
その代表的な商品が天然素材の材料のみで創り上げたナチュレル、スローブレッドシリーズのパン達です。

商品を通じ社会に貢献することができる幸せの為に、私達は社会の一員としてコンプライアンスに則した行動を行うとともに、お互いの個性や考えを尊重し、性別・年齢・職種・職位にとらわれない、公平で主体性がある職場を目指しています。

私達は『 社会に要望される企業 』として常に挑戦を行い、企業理念とする「安心・安全・ヘルシー(健康)・美味しさ」を追求すべく、進化し続けていきます。代表取締役社長 杉原 仁

沿革

19511988
昭和
1951-03
/

杵島製パン(株)創業(佐賀県杵島郡北方町)資本金50万円。クイーンバターロールとラスクが大ヒット。

1957-05
/

杵島糧友製パン(株)に社名変更
エリーゼ(ビスケットにクリーム)と大平楽(どらやき)が大ヒット

1961-01
/

伊万里糧友製パン(有)を吸収合併

1963-11
/

糧友食品(株)に社名変更

1964-07
/

佐世保工場建設
工場完成を記念して食パン「エース」を発売

1965-08
/

本社を創業地北方町より佐世保市(佐世保工場)へ移転

1965-10
/

佐世保本社工場が衛生優秀工場として長崎県知事より表彰を受ける

1970-07
/

糧友食品(株)の直営部門を分離し(株)フランソアを設立
佐世保京町にフレッシュベーカリー1号店(京町店)オープン(フランソア事業創業)

1975-11
/

(株)クックを設立 (糧友食品(株)の調理パン部門)

1976-05
/

(株)クックにて、寿司・弁当類の製造販売開始

1977-02
/

福岡の西日本製パン(株)を買収 福岡における販路拡大

1978
/

糧友食品(株)と西日本池田製菓(株)2社の販売部門を分離、日新製パン(株)を設立

1979-09
/

西日本製パン(株)の直営店部門メルヘン事業部を分離し、(株)フランソア福岡を設立 福岡におけるフランソア直営店事業の販路拡大

1980
/

健康パン開発プロジェクト発足し、健康パンシリーズを販売

1982-07
/

長崎工場建設(フランソアブランド焼き立て卸しパン供給工場として稼動)

1982-10
/

日新製パン(株)を(株)イケダに社名変更
手塚 治虫氏製作により、新しいブランドマークに変更。
糧友食品(株)と池田製菓㈱の営業部門を統合
年商750億円に達し、九州のパンシェア37.8%を占め、取引販売、店数35,500店と全国でも5位のパンメーカーとなる

1986-02
/

(株)フランソア福岡を、西日本製パン(株)に吸収、業態を変更してフランソアのブランドで、焼きたてパンの福岡における卸しチェーン展開を開始する

1986-07
/

池田製菓(株)(鹿児島)が会社更生法を申請 大手製パン会社主導による業界再編が進む中、独自路線に生き残りをかけてフランソア事業主体へと業態変更をはかる 「ロンゲル」「ボルガ」大ヒット

19892018
平成
1990-07
/

糧友食品(株)(佐世保市)、(株)フランソア(佐世保市)、西日本製パン(株)(福岡市)の3社合併
同時に(株)フランソアに社名変更
資本金2億4千500万、本社は福岡市東区和白
同時に新会社、糧友食品(株)設立(りょうゆうブランドのパン販売会社)

1993-08
/

(株)東日本フレッシュベーカリーシステム(東京都港区青山)を、伊藤忠、味の素と共同で 設立(出資金800万)資本金1億円

1993-11
/

子会社(株)クック(熊本市)を合併

1993-11
/

熊本工場を建設(熊本市) セブンイレブン焼成工場及び、弁当・惣菜の統合工場として稼動

1993-12
/

(株)セブン‐イレブン・ジャパンと、パン冷凍生地の製造ノウハウ指導と、技術供与についての基本協定を締結する

1994-12
/

福岡新工場建設(新宮町)、本社及び福岡工場移転、コンピュータによるFAシステムを稼働

1997-12
/

(株)めん食(資本金99,000千円福岡県田川市)の株式を取得

1999-04
/

(株)すぎのフーズ設立(熊本市)、フランソアの弁当・寿司・総菜部門を営業譲渡

2001-11
/

ナチュレルスタート

2003-03
/

花卉類販売直営店「花立花ガーデン」を開店(福岡県新宮町) 

2003-04
/

南九州営業所(宮崎市田野町)を開設、宮崎県・鹿児島県における販売エリア拡大

2003-04
/

糧友食品(株)を(株)アペルに社名変更

2005-02
/

中華人民共和国(山東省青島)に現地法人設立(独資)、中国における焼き立てパン事業を開始
平成17年2月第1号店青島店オープン 平成17年12月第2号店黄島店オープン

2007-03
/

スローブレッド スタート

2010-04
/

福岡工場が日本デリカフーズ協同組合主催のHACCPの認証取得

2011-02
/

(株)エフ・マックスの事業を(株)めん食へ譲渡
製麺事業の強化、拡大を推進

2011-03
/

創業60周年

2012-04
/

中華人民共和国(河南省開封)に現地法人(合弁)、
開封香麦士食品有限公司設立

2012-12
/

中華人民共和国(天津)に現地法人(合弁)、 香奈維斯(天津)食品有限公司設立

2013-02
/

(株)すぎのフーズの事業を(株)めん食へ譲渡。
総合そうざい事業への展開

2013-05
/

中華人民共和国(青島)に現地法人(独資)、青島穂潤食品有限公司設立

2016-12
/

(株)フランソアフードスタッフ設立

2017-02
/

久留米工場新設

2017-04
/

福岡工場、熊本工場を会社分割し、(株)ニューイングベーカリー九州を設立

2018-04
/

(株)アペルを吸収合併

2018-05
/

FSSC22000認証取得
佐賀工場(和菓子専用 第2工場)、長崎工場、佐世保工場